HIFU

ウルトラセルQプラス( ULTRAcel Q+ )
ウルトラセルQプラスは、HIFU(高密度焦点式超音波)という
特殊なテクノロジーを使用したたるみ治療です。
短時間で施術が可能で、痛みや施術の腫れもほとんどなく、
3層(真皮・皮下組織・SMAS筋膜)へ同時にアプローチすることで
皮膚を内側から引き上げしわやたるみを改善します。

HIFU(ハイフ)とはABOUT HIFU

ハイフについて

切らずにできる「小顔治療」です。
High Intensity Focused Ultrasound:高密度焦点式超音波の略で、ターゲットの深さに、高密度の超音波を一点に集中して照射します。
通常の美容機器では届かない、肌の深層にあるSMAS筋膜にアプローチでき、強力なリフトアップ効果が期待できます。
また、超音波の熱エネルギーで脂肪を溶解するので、代謝作用によって余分な脂肪を体外へ排出し、ハリのある小顔効果も期待できます。
さらに、二次的な効果としてコラーゲン収縮によるお肌の引き締め、コラーゲン新形成によるお肌のハリやツヤも実感できます。

ハイフのメリット

  • たるみ・リフトアップ効果

    たるみは年齢と共に深刻化し、表情の印象を暗くするだけでなく、実年齢よりも老けて見えがちです。
    以前はメスを使用した外科的な方法しかたるみに有効なものはありませんでした。
    HIFUによるたるみ治療はメスを使わずにフェイスリフトを可能にします。

  • 施術時間が短い

    一般的にハイフの全顔照射にかかる時間は40分前後とされており、ダウンタイムもなく手軽に小顔治療ができるので、メスや注射を使いたくない方にオススメです。
    たるみやシワを改善させたいけれど、美容整形はハードルが高い(怖い)などといった方でもお手軽に施術を受けることができます。

  • 即時的効果&中長期的効果の持続

    ハイフの照射は脂肪細胞そのものを破壊します。一度破壊された脂肪細胞は再び増殖することはないため、リバウンドしにくくなります。
    たるみの根本原因となるSMAS筋膜の緩みに直接アプローチし、熱収縮の作用ですぐに引き締め効果が実感できます。

リスク・副作用

  • 熱傷のリスクはほとんどない安全性の高い治療ですが、リスクはゼロではありません。
  • 熱傷が生じた場合、紅班・二次感染・炎症後色素沈着が生じる可能性があります。
  • 顔面の神経に接触した場合は、一時的に違和感が続く場合があります。

治療を受けられない方

  • 妊娠中・授乳中の方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 金属機器、金属糸などが体内にある方
  • 肝臓や腎臓の疾患を患っている方 など

プロ仕様マシンで脱毛・痩身・ハイフし放題をぜひお試しください!

       

LINEでお試し体験申し込み
60分1000円!